我が家の賃貸マンションの床はなぜ白いのか~不動産投資の本を読んで気づいたその理由~

f:id:yurutto:20161108164202j:plain

今住んでいる賃貸マンションの床はかなり白いです。

前のマンションは、明るい木目調のクッション性のあるフローリングでした。

 

床が白いと部屋が綺麗に見えます

清潔感がある感じで内見に行った時に、かなり良い印象を持ちました。

前のマンションも今のマンションも明るい色の床なのですが実際住んでみると、白いので髪の毛やごみが目立ちやすいというデメリットがあります

 

そんなデメリットに困っていたある日、私は漫画の不動産投資本を何気なく読んでいました。

 

主婦でも大家さん [ 東條さち子 ]

価格:1,015円
(2016/11/26 19:20時点)
感想(37件)

不動産投資に興味があったというよりも、不動産について何も知らないから興味本位で読んでみたのです。

この漫画にはだいぶ衝撃を受けました。読みやすいので興味がある方はぜひ。

主婦でも大家さん 頭金100万円でアパートまるごと買う方法【電子書籍】[ 東條さち子 ]

価格:810円
(2016/11/26 19:21時点)
感想(0件)

この漫画をきっかけに、いろんな大家さんのコラムをネットで見ていたのですが、そこに床が白い理由が書いてあったのです !

 

賃貸のフローリングは白にしましょう。清潔感があるし、退去時に汚れを指摘しやすくクリーニング費用が請求しやすいです

 

なるほどなーと感心しました。

世の中ってこういう風に回っているんですね。つまり、 大家さんには退去時に汚れを指摘しやすいように、白い床にしておくというテクニックがあるらしいのです

不動産投資の内情を知ると、賃貸を借りるという時に新しい視点が生まれます。

敷金・礼金を大家さんが何に使っているのかとか、不動産仲介業者のことも少し理解できますよ

 

そういえば、市会議員さんの活動記録を書いた冊子がポストに投函されていたので、目を通してみました。その方の経歴を読むと、この地区で数件のコンビニ経営をされている様子。

市議会で頑張るのはこの町の不動産価値を保ち、息子に事業を引き渡したいからかもしれません。

 

考えすぎでしょうか。